引越一週間前の準備について

引っ越しが決まって2週間前から1週間前にすることは電力・ガス会社、水道局への連絡しましょう。
住所、名前、お客様番号、引越し先、引越しの日時、支払い方法などの基本的なことを各事業者に連絡しますがその時「ご使用量のお知らせ」を手元に用意しておくとスムーズに手続きがすすみます。
また電話でも、インターネットでも手続きができますので参考にしてください。
(インターネットでの申し込みを受け付けていない事業者もありますのでご確認ください)電話回線の移転は、電話でもインターネットでも手続きができますが固定電話からも可能です、その場合は116に電話しましょう。
引越し時は、ほかのプロバイダとサービスや料金を比較できるチャンスでもあります。
インターネット契約を見直してコスト削減を実現していきましょう。
今住んでいる地域の役所で「転出届」を出して「転出証明書」を受け取ります。
必要に応じて、国民年金、国民健康保険の住所変更や印鑑登録の廃止手続きを行いましょう。
原動機付自転車の廃車手続きや郵便局への転送届出もしておきましょう。
郵便局での転出届けは必ず行いましょう。今までの郵便物が届かなくなってしまいます。また知人への転居通知の用意や掃除なども始めましょう。

 

 

家賃や敷金の清算もお忘れなく!

 

引越しの1週間前から前日にかけては、まず家賃・敷金の精算をしておきましょう。
賃貸住宅の場合は契約では、ほとんどの場合、借りている側は退去時に住宅を原状に復する義務があります。
または原状回復をしなければなりません。
回復がされていない場合は、回復に伴った費用を支払わなくてはいけませんがその場合は敷金から差し引かれることが主です。
しかし敷金ゼロだった物件だったときには支払う金額が必要ですので計画しておきましょう。
また、原状回復は 借主の故意だったり過失だったり通常の使用方法に反する使用をしたときには住宅の損傷(キズ)を復旧することが一般的です。
要するに通常の使用によるもの義務はなく、貸主の負担になのが一般的です。
あくまでも一般的なルールであり法的な拘束力などはありませんので貸す側・借りる側の合意に基づいて賃貸借契約書の内容が重要視されてきます。
また新聞を取られている方は営業所変更や新聞をこの機会にやめたい方は連絡しておきましょう!

 

また余裕を持っての行動も重要です。
引越し挨拶品の用意旧居での挨拶や転居先での挨拶に必要な個数をあらかじめ用意しておくことで、いつ挨拶することになっても困りません。
また転居先の掃除床の掃除機がけと拭き掃除を行っておけば、気にせず作業を進めることができます。

 

関連ページ

引越し時ダンボールの処理の仕方
引越し時に出るダンボールの処理の仕方などについてご紹介しています。荷物をまとめるだけでなく出たゴミについてもしっかりと整理しないと大変な目になりますのでご注意下さい。
引越し時の梱包と荷解きについて
引越しでは梱包の仕方に注意が必要です。ダンボールに入れてくれれば運んでくれるからいいや〜って思いがちですが注意するようにしてください
引越し1ヶ月前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し2週間前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し前日の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し当日の準備
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。