引越し1ヶ月前の準備について

 

引越しが決まってから1か月前にすることをまとめます。第一に引越しの日程をまず決めましょう。決定はできれば繁忙期や土日を避けたほうがよいとされます。すると引越し料金は割安になる可能性がありますのでぜひご検討ください。ほとんど引っ越し業者が荷物を運んでくれますので、立会人がひとりいれば大体はいいとされています。各業者にご確認ください。そして第二に今住んでいる賃貸住宅の退去通知期間については、不動産を契約時にもらった「建物賃貸借契約書」などに記載されています。多くの場合引っ越す1〜2か月前に予告することが記されていると思います。1か月以上の予告期間を定めてから解約の場合だと、通知すれば退去後の賃料は発生しません。などと書かれていたり・・。

 

予告期間を過ぎていても、その分賃料を支払えば解約することはできますが引っ越しが決定してから退去日が決まったらできるだけ早く連絡してください。新居との 家賃二重払いをできるだけ回避して余分な出費を抑えましょう。第三に子どもさんがいる場合は小中学校の場合は在学している学校で転校用在学証明書・教科書給与証明書を受け取ります。そして転校するまで大切に保管しましょう。 私立の小中学校、高校は手続きが異なるため、直接学校にお問い合わせしましょう。

関連ページ

引越し時ダンボールの処理の仕方
引越し時に出るダンボールの処理の仕方などについてご紹介しています。荷物をまとめるだけでなく出たゴミについてもしっかりと整理しないと大変な目になりますのでご注意下さい。
引越し時の梱包と荷解きについて
引越しでは梱包の仕方に注意が必要です。ダンボールに入れてくれれば運んでくれるからいいや〜って思いがちですが注意するようにしてください
引越1週間前の準備について|
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し2週間前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し前日の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し当日の準備
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。