引越し時の梱包と荷解きについて

引越しでは梱包の仕方に加え荷解きも注意が必要です。

ダンボールに入れてくれれば運んでくれるからいいや〜って思いがちですが、梱包が大切ということではなく、荷解きのときにいかに整理しやすい環境をつくれるかが梱包に必要な知識です。
まず割れ物ですが、運ぶ際に割れないためにもキチンと梱包しなければなりません。

 

お皿などは、重さがありますのでダンボールの底が抜けないよう小さめのダンボール箱に二重に梱包するとよいでしょう。空洞になっているところには新聞紙を丸めたものを詰めます。
これは衝撃などを和らげる役割と中のダンボールが動かない役目があります。大切な荷物を無事に運んでくれるためこのひと手間を大切にしましょう。
そしてお皿は、立てて梱包しましょう。その上部にスペースがあれば漆器類、コップなどの軽いものを詰めていきダンボールにスペースを空けないことがポイントです。
液体類などはそのまま詰めると漏れたりしますから十分な注意が必要となります。液体類の多くは台所と洗面所。
できるだけ引越し前に使い切り最後にこの水周りを片付けることをお勧めします。
液体が漏れないようキャップをきちんとしめたり、ナイロン袋やラップで覆いかぶせて輪ゴムなどで巻きこぼれないようにしましょう。

 

 

引越し梱包のこと・包み方についてコツ

 

家族の引越しでは、荷物が多いことから引越し先に持っていく荷物の選ぶことが重要です。
持っていくものと持っていかないものをまず決めましょう。持っていかないものは計画的に処分していきましょう。
不要になっているものの中に粗大ゴミの処分には時間を要することも。

 

ダンボール箱の数はかなり多く必要になってきますので引越しの梱包は計画を立てましょう。そして着実にこなしていくこと。これが必要となっていきます。
ダンボールなどの梱包の前の荷物を処分する作業に移るとき、粗大ごみなどの処分を決めたら居住地のある地方自治体に申し込みましょう。
粗大ごみを処分すると、スペースが開き荷物を梱包したり、ダンボール箱を積んだりすることができます。そして作業がスムーズにはかどります。

 

引越し先に運ぶ荷物が決まったら、荷物を詰めていきましょう。液体類やはりそのまま詰めると漏れたりします。
大切な荷物を汚したりダメにする危険性があるので、注意を払いながら作業がもとめられます。液体類の多くは台所と洗面所ですね。
できるだけ引越し前に使い切ることが先決ですがなかなかそうもいきません。
使い切れなかった場合は、液体が漏れないようキャップをきちんとしめたり、ラップで覆いかぶせて輪ゴムを巻いたりしましょう。

 

 

関連ページ

引越し時ダンボールの処理の仕方
引越し時に出るダンボールの処理の仕方などについてご紹介しています。荷物をまとめるだけでなく出たゴミについてもしっかりと整理しないと大変な目になりますのでご注意下さい。
引越し1ヶ月前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越1週間前の準備について|
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し2週間前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し前日の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し当日の準備
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。