引越し当日の準備

引越し当日に戸惑いたくないですよね。


当日使用の物についてですが、食器やコップ、引越しの作業が開始される前に荷造りをもちろんしなくてはなりませんが流しなど清掃もしなければならないので紙コップや紙皿だとゴミとして処分できるのでお勧めです。
また布団はすばやくたためるようにして布団袋へ。
ベッドではシーツなど片付ける布団袋などにいれるように準備しておきましょう。
ダンボール箱の00近いダンボール箱の数は家族の分を運搬するこということになると100近くになります。
あらかじめ個数を確認しておくとよいです。その方が早く紛失に気付くことができます。そして、ガスの閉栓や精算は
ガス会社に連絡すると係員がガスを閉栓するために訪れてこられます。
その時料金の精算も可能なこともありますのでご確認ください。
電気のブレーカーを落とす電気料金を現金で支払っている場合は、電力会社に連絡しておくと料金の精算に訪れます。
口座振替、クレジットカード払いの場合は関係ありませんのであしからず。
そして当日、搬出作業が終了すると引越し料金を精算しますが現金払いの場合は、現金を用意しておきます、最近ではクレジットカード払いができる事業者が増えています。確認しておきましょう。

 

 

 

 

引越しの準備

 

引越し先が決まったら、色々と準備が必要になります。
今回は必要な手続きってどんなのがあるんだっけ?
という点に着目してみました。
大きく分けて、≪引越す前≫≪引越し後≫≪役所≫で行うことの3つに分けて考えてみました。

 

≪引越し前≫
基本的な日常生活で使うものとは?
電気/ガス/水道/電話/ネット

 

人によっては、多少変わる部分がありますが、基本的には上記で上げた事は真っ先に思い浮かべるかと思います。

 

よくよく忘れがちなのが、「郵便物の転送」です。
引越した後に気付く方が多いのですが、引越しする前に申込を行うようにして下さい。
長くかかる時で1か月くらい変更に時間がかかることがあるようです。

 

その他をあげると、「新聞」「配達牛乳」「定期購読」などが挙げられます。
必ず事前に業者に申し出とく事をお勧めします。
業者によっては引越しを行った日から、新居に届けてくれる業者もあるので。

 

 

≪引越し後≫
銀行・郵便貯金/クレジットカード/保険会社(生命保険、自動車保険、学資保険など)

 

生活する上で、必ず使っているかと思います。
まず住所の変更届けを出して下さいね!
1年間は郵便物も転送サービスを使えば転送してもらえますが
1年後には来なくなりますからね!

 

次に、「学校」「会社」に対して、住所の変更を行ってください。
学校には転校などの際に言えばOKですが、会社は自分から言う必要があります。

 

その他にも「運転免許証」「自動車・バイクの登録変更」なども保持している場合には出てきます。
最初のうちにまとめて切り替えしておかないと、いざという時に忘れてたとかなりますからね。
後で後でという考えはせずに、必ず転居してすぐに行ってください。

 

 

≪役所≫
役所に関しては地域によっても提出書類が変わる場合もありますし、法改正によっても内容が変わることがありますので
必ず事前にお住まいの市区町村役所で確認を行ってください。
「転出届」は転居元の役所にて提出すること
「転入届」は転居先の役所にて提出すること
その他にもあわせて提出する必要がある書類はありますが、上記の2つを提出する際に
担当の方が教えて下さるので、質問してみてください。

 

引越し先が決まったら

 

引越し先が決まったら、皆さんは何をやるべきだと思いますか?

 

荷物をまとめること?
新居のレイアウトを考えること?
家具を新たに購入すること?

 

まず第一にやるべき事は、「契約の確認」になります。

 

一言で契約と言っても、生活していく中でとても多くの契約を交わしています。

 

どのような契約があるかといういと…

 

賃貸・電気・ガス・水道・駐車場・インターネット・ケーブル…

 

等々、人それぞれとても多くの契約を結んでいるかと思います。

 

一般的に考えても以上の事が出てきますし、忘れてはいけないのが「住民票の変更」です。

 

市区町村内での引越しの場合は「転居届」を

 

市区町村外に引越す場合には「転居届(住民移動届)」を提出する必要があります。

 

その際に役所から渡される「転出証明書」は引越し後に提出する必要があるので失くさない様にしてください。

 

契約している全ての契約期間を事前把握した上で、引払い日であったり引越し日を決める必要があります。

 

その全ての契約を、今度は新居でも必要になるかと思いますので、必ず調べる際にリスト化しておきましょう。

 

引越しを行うということは、それなりに前準備、下調べがあって初めてスムーズに行うことができますので

 

引越し先が決まったならば、以上の点にも気を配りながら準備を進めていきましょう。
行うように心がけておく事をお勧めします。

 

 

引越しの準備

 

アート引越しセンターでは、家具類、大型家電品類、照明器具、ベッド等、その他ダンボールに入らない大きめの家財などは、
引越し当日にアート引越センター側で梱包・搬送しますので、そのままで良いそうです。

 

販売員の経験や、卸業者に勤めている方にとってはお手の物かも知れませんが荷造りとか今までやったこと無い方が大半なのではないでしょうか。
まあ荷造りもイメージでは段ボールにひたすら詰めていくイメージだとは思いますが実際は荷造りも行う手順があります。
今回は手順に沿ってポイントを説明していきますが、あくまでも一般的な手順を説明しますので他にもやり方は色々あるという事は忘れないで下さいね。

 

POINT1 不要な物は処分する
まずは整理整頓を行ってください。
いらない物は荷造りに取り掛かる際にかなり効率を悪くする根源となりますので。
 ※不要物を処分する際にも大型家具や電化製品は別途業者を呼ぶ必要があったりしますので気を付けてください。

 

POINT2 入口から遠い部屋から行う
どういうこと?と思った方もいるかもしれません。
そのまんまです。
入口というのは玄関のことですので、家の一番奥の方から行いましょうということです。
どうしてかというと、詰めた段ボールはどうするの?ってことを考えてもらったら
なんとなくわかるかと思います。
もちろん引越し当日まで使う物などは入れないで下さいね。

 

POINT3 詰め方
具体的に段ボールの詰め方の気をつける事というと
重い物は小さい段ボールに詰めることです。
逆もしかりで軽い物は大きい段ボールに詰めるようにしましょう。
必ず割れ物や傷つけたくない物の場合はクッション代わりになる新聞紙等をいれましょう。
段ボールを積む際にも気をつけてもらえるように「割れ物注意!」などの張り紙も必須です。

 

POINT4 中身がわかるように
段ボールに詰めてしまうと中身が何か分からなくなることが多々あります。
その対策として、必ず中に何が入っているか分かるようにメモを張るなどして下さい。
日常生活で使用する物はなるべく一つの段ボールに入れるようにして下さい。
いつでも取り出せるようにしておく事をお勧めします。

 

POINT5 荷造りサービス
引越しを業者にお願いする際に、サービスの一つとして荷造りサービスがある業者があります。
どのようなサービスかというと、そのまんまです。
引越しの当日や前日に業者きてくれて、すべて荷造りしてくれるサービスです。※別途有料
何がいいかというと、コートやジャケットなどハンガーに掛けている物は
専用のラックを持ってきてくれてそのまま持って行ってくれますので、シワなどの心配がなくなります。

 

上記のような点に気をつけることによって、スムーズに進めることが出来るでしょうが
忘れてはいけないのが、以外と日数がかかるということです。
最低でも引越しの2週間前には取り掛かるようにしておく事をお勧めします。

 

アート引越センターのHP上でもチェックしてみてくださいね。

 

引越しが決まってからのこと

 

今回は引越しが決まったらしなければいけないことをまとめてみました。
やるべき事としては契約や登録情報の変更手続きです。
現在の住所を登録しているすべての情報を更新する必要があります。

 

今回も大事なポイントを押さえていきましょう。

 

POINT1 毎月来る請求書を見直してみましょう
基本的に毎月請求が発生していることを思い出してみましょう。
そうです。
生活上使用せざるを得ないものや、インターネットや携帯等のサービスです。
それらはすべて、引越しすることにより停止のお願いや新設の申し込みをする必要があります。
具体的に上げれば「電気」「ガス」「水道」「インターネット」「新聞」などなどです。
引越しが決まったら停止の連絡と住所変更の申し込みを必ず行ってください。

 

POINT2 市区町村の役所に行きましょう
役所に行って引越しを行うのですが何をすればよいですか?と尋ねるのが一番です。
ここで何が必要かすべて挙げてもよいのですが地域によって変わる場合もありますので
とりあえずここでは役所へ行ってください!とだけ言わせてもらいます。
ちょっとだけ教えると、「転出届」「転入届」といった物を出す必要があったり・・・
必ず印鑑だけは忘れないで下さいね。

 

POINT3 郵便物の転送願い
郵便局へ行って郵便物転送サービスの申し込みを行ってください。※HPからも可能
申込を受理して反映するまで最大1か月かかる場合があるそうですので、転居先が
決まり次第申し込むことをお勧めします。
その1年の間に、必ず住所変更をするようにして下さい。

 

POINT4 学校や会社へ伝えること
忘れてはいけないのがこれ。
学校に伝え忘れるのは聞いたことないですが、あるかも知れませんから・・・
会社へ伝え忘れる人はたまに見かけます。
何が困るかというと、福利厚生の中に住宅手当が入っている場合や、引越すのが
結婚したからといった理由の場合には扶養家族が増える事にもなるはずですので
必ず伝えるようにして下さい。

 

引越し以降はバタバタして落ち着くまでに時間がかかるので必ず事前に出来ることはやっておきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

引越し時ダンボールの処理の仕方
引越し時に出るダンボールの処理の仕方などについてご紹介しています。荷物をまとめるだけでなく出たゴミについてもしっかりと整理しないと大変な目になりますのでご注意下さい。
引越し時の梱包と荷解きについて
引越しでは梱包の仕方に注意が必要です。ダンボールに入れてくれれば運んでくれるからいいや〜って思いがちですが注意するようにしてください
引越し1ヶ月前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越1週間前の準備について|
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し2週間前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し前日の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。