引越し時ダンボールの処理の仕方

 

 

家族の引越しでは、かなりのダンボールの数と作業量が求められます。
少しでもこの作業を減らすこと。
それは引越し先に持っていく荷物の選ぶことです。持っていくものと持っていかないものをまず1番に決めましょう。
これでダンボールもかなりの数が減らせます。


持っていかないものは処分していきましょう。不要になっているものの中に粗大ゴミの処分には時間を要することもあります。各自治体に連絡しましょう。
ダンボール箱の数はかなり多くなると引越しの梱包は大変だしダンボールの料金も高くなります。計画を立てて引っ越しの準備をしましょう。
そして着実にこなしていくこと。これが必要となっていきます。
ダンボールなどの梱包の前の荷物を処分する作業に移るとき、1番に粗大ごみを処分していることで、荷物を梱包したり、ダンボール箱を積んだりするスペースができます。
それは作業がスムーズにはかどるため引越しの効率も上がるでしょう。引越し先に運ぶ荷物が決まったら、荷物を詰めていきましょう。
荷物は日ごろ不要なものからと思いますが部屋ごとに片付けます。

 

引越し業者が引き受けを拒否できる荷物標準引越運送約款によれば、引越運送の引受けを拒絶するものがあります。
携帯することのできる貴重品はしっかり引越しの日もなくさないように荷物にまぎれないところにおいておくことが大切です。

関連ページ

引越し時の梱包と荷解きについて
引越しでは梱包の仕方に注意が必要です。ダンボールに入れてくれれば運んでくれるからいいや〜って思いがちですが注意するようにしてください
引越し1ヶ月前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越1週間前の準備について|
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し2週間前の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し前日の準備について
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。
引越し当日の準備
引越しをするためには計画的に段取りを決めておかないと大変なことになります。想像している以上にやることが多く、計画を立てないと非効率的な動きがたくさん出て時間の浪費につながります。