引越し準備は余裕を持って行おう

引越しの準備を慌てて行わないようにしよう

引越しの準備を慌てて行わないようにしよう記事一覧

家族の引越しでは、かなりのダンボールの数と作業量が求められます。少しでもこの作業を減らすこと。それは引越し先に持っていく荷物の選ぶことです。持っていくものと持っていかないものをまず1番に決めましょう。これでダンボールもかなりの数が減らせます。持っていかないものは処分していきましょう。不要になっているものの中に粗大ゴミの処分には時間を要することもあります。各自治体に連絡しましょう。ダンボール箱の数は...

引越しでは梱包の仕方に加え荷解きも注意が必要です。ダンボールに入れてくれれば運んでくれるからいいや〜って思いがちですが、梱包が大切ということではなく、荷解きのときにいかに整理しやすい環境をつくれるかが梱包に必要な知識です。まず割れ物ですが、運ぶ際に割れないためにもキチンと梱包しなければなりません。お皿などは、重さがありますのでダンボールの底が抜けないよう小さめのダンボール箱に二重に梱包するとよいで...

引越しが決まってから1か月前にすることをまとめます。第一に引越しの日程をまず決めましょう。決定はできれば繁忙期や土日を避けたほうがよいとされます。すると引越し料金は割安になる可能性がありますのでぜひご検討ください。ほとんど引っ越し業者が荷物を運んでくれますので、立会人がひとりいれば大体はいいとされています。各業者にご確認ください。そして第二に今住んでいる賃貸住宅の退去通知期間については、不動産を契...

引っ越しが決まって2週間前から1週間前にすることは電力・ガス会社、水道局への連絡しましょう。住所、名前、お客様番号、引越し先、引越しの日時、支払い方法などの基本的なことを各事業者に連絡しますがその時「ご使用量のお知らせ」を手元に用意しておくとスムーズに手続きがすすみます。また電話でも、インターネットでも手続きができますので参考にしてください。(インターネットでの申し込みを受け付けていない事業者もあ...

引っ越し1か月前から2週間前くらいをめどにしておくことは引っ越し先の間取り図で部屋の広さや天井の高さや扉やコンセントなどの位置を確認しておくことです。そして今ある家具や電化製品の配置を決めておくとよいでしょう。間取り図があれば計画的に転居先に入りきらない不用なものを早めに処分することができ、 不用品を処分したら空いたスペースを利用しましょう。梱包してしまったダンボール箱をどんどん積み重ねていくこと...

引っ越しの前日にすることを紹介しましょう。まず第一に電気機器ではエアコン、照明器具の取り外します。エアコンなどは作業の立ち会いをしましょう。エアコンや照明器具の取り外しは、前日や当日に専門業者引越しの業者から委託された方が訪問してきます。そこで打ち合わせしたり作業を行うこともあります。作業後はエアコンが使えなくなるため、夏場や冬場はやり困りますよね。引越し業者さんに相談してどうしても前日外すことし...

引越し当日に戸惑いたくないですよね。当日使用の物についてですが、食器やコップ、引越しの作業が開始される前に荷造りをもちろんしなくてはなりませんが流しなど清掃もしなければならないので紙コップや紙皿だとゴミとして処分できるのでお勧めです。また布団はすばやくたためるようにして布団袋へ。ベッドではシーツなど片付ける布団袋などにいれるように準備しておきましょう。ダンボール箱の00近いダンボール箱の数は家族の...