引越し後の挨拶周り

引越しあいさつ回りはすべきかどうか

引越しのマナーとして問われるのはお世話になった方や新しい近隣の方に挨拶品を持って、挨拶に伺うことです。
引越し当日にトラックが出入りしますので近隣の方に迷惑をかけることへのお詫びもかねての挨拶にもなります。もちろん手ぶらで行くのはタブーですね。

 

最近では挨拶なんてと希薄になりつつあるご近所づきあいですがなにかあった時に助け合えるのもご近所です。
引越しの挨拶はどうすべきか迷ってしまう人も多いでしょうがここは面倒に感じられる挨拶ではありますが、気持ちよくいごこちよく暮らせるチャンスです。

 

そしてこっちのメリットもあります。引越しの挨拶に行くと近隣にどんな人が住んでいるか知ることができます。
ご近所とのトラブルで多いと言われているのが騒音ですので子どもがいればなおさらです。
また住人の生活スタイルがわかればなにかしらの防止に役立つこともあります。やはり最初によい印象を与えておく。
こういうことは今後のご近所付き合いと人間関係にもきっとよい影響を与えると思います。
また自分の近隣にどんな人が引越してきたかわからないのを不安に思う人も世の中にはいます。そういう方は 引越してきた人がどんな人かわかると安心と感じてもらえるかもしれません。

 

 

引越しの挨拶の是非

 

引越しの際に、旧居、新居どちらでも挨拶回りはした方が良いのでしょうか?
このページでは管理人が思う所をまとめています。
新居の物件も決まり、引越し一括見積サイトなどで引っ越し業者も決定し、
あとは準備だけ!と言う方はこちらをご参考ください。

 

引越し挨拶周りで大事なことは、誰に挨拶をするか?ということ。
基本的には、「向こう三軒両隣」と言われており、
隣の2つと、真向かいとその両隣の3軒、合計5軒に行うのが普通です。
そのほかにも、特別にお世話になったご近所の方がいれば挨拶にお伺いしておいた方が無難かもしれません。
というのも、引っ越したからといって今後遭遇しないとも限らないからです。
いつどこでつながるかが分からないのが人の縁の分からない所。
最近ではインターネット上でもつながる可能性も多いので人のつながりを軽視しない方が良いでしょう。

 

新居に関しても、「向こう三軒両隣」が基本です。
また、引越し挨拶品としては日常的に使えるようなタオルとか石鹸、洗剤とか
あとはクッキーなどの食べ物を送る場合もありますが、食べ物は好き嫌いも別れるので、
消耗品の方が無難かもしれません。
値段に関しては、1000円程度のものでOKかと思います。

 

特に新居の場合、挨拶の際はどのような人物かをチェックするという意味もありますが、
その人の服装や部屋の中をまじまじと見ることはやめましょう。たまにいるんです。
自分の目線などはちょっとしたことでも相手には伝わってしまいます。
じろじろと見ることで第一印象が悪くなってしまいますので、
挨拶は簡単に済ませるようにしましょう。

関連ページ

引越し業者へのご祝儀(チップ)やお礼は必要か?
引越し業者へのご祝儀(チップ)やお礼、差し入れは必要でしょうか??そのような謝礼をもらうことはほとんどないので、あげなかったとしても嫌な思いをされることはありません。